投稿者「nankyoku-movie」のアーカイブ

絨毯の洗濯

私の部屋の絨毯はコットン製の白い絨毯です。もう、古いのですが、とても肌触りがいいので気に入っています。

ただ、必ず汚れるので、出来れば年に一回、無理なら2年に一回は夏に絨毯を洗うことにしています。2枚に分かれていますが、水を含むと重たくて、なかなか持ち上がりません。乾かすのも時間がかかるし、洗うのも大変。

でも、始めて洗った時に、もの凄く綺麗になって、本当に気持ちが良かったから、大変でも洗うようにしています。

去年の夏は、やる気にならなかったので、洗いませんでした。今年は絶対、洗いたいと思って、自分の気持ちがやる気になるのを注意深く待っていると、昨日朝起きると、突然そんな気分に。今だ!と思って、絨毯を外に持って行って、あっという間に洗いました。

やる気って本当に素晴らしいです。

睡眠時間について

先日テレビを見ていたら、ライオンは1日に16時間も睡眠を摂っていることがわかりました。
そこで、動物も種類によって睡眠の時間が違うのか調べてみました。

すると、一番短い睡眠の動物はキリンで1日2時間でした。
2時間とはあまりにも短すぎるのではないかと思ったのですが、それが自然な姿のようです。

一般的に草食動物の方が睡眠時間は短いようです。
肉食動物から身を守るためと、食事に時間がかかってしまうからのようです。

人間も睡眠時間の長さは違っています。
特に日本人は最下位韓国についで世界第2位の睡眠の短さです。

これは単に日本人が忙しすぎるだけなのかと思っていましたが、私の予測では日本人も草食動物に近いところがあるのではないかと考えています。

もしかしたら、日本人もお肉をたくさん食べるようになれば、作業効率が高まり、睡眠時間も長くなるのではないかと思いました。

DHCの亜鉛はとくに効果を感じなかった

知人からの勧めで飲み始めた。

日頃から、どんなに寝てもだるく、頭がボーっとするので飲み始めた。30日で1パックになっているので、とりあえず30日分買ってすべて飲み切ったが、全く効果は感じられず、むしろ飲まなきゃいけないことがストレスになっているような気がする。

所詮サプリメントは薬じゃなくてサプリメントなんだなあと改めて実感した。

でも飲んだことがきっかけで少しづつ生活習慣を変える努力を始めることができた。30日で効果がでるものはそんなにないのかもしれないが、お金の無駄なのでそこでやめてしまった。

飲むときにもう少し飲みやすくなるように粒が小さければいいのになあと思いました。昔から割と錠剤は苦手なほうなので、そういった人向けの柔らかい錠剤などあればいいと思います。

ファンケルのカロリミットは体脂肪だけ減っていました

脂っこい食事をよく食べるので体重の増加が気になり、ファンケルのカロリミットのCMを見て試してみようと思い購入しました。

飲み始めてから2カ月経ちましたが飲み忘れが多かったからなのか、特に痩せることも増えることもなく体重は2カ月前と変化はありません。

しかし体脂肪だけはなぜか減っていました。食事で過剰摂取していた脂肪がカロリミットのお陰で脂肪の吸収が少し穏やかになり、日頃の運動で脂肪が燃えやすくなったのかもしれません。

カロリミットの姉妹商品で大人のカロリミットがあり、そちらは年齢により低下した脂肪の代謝を促すという効果があるので大人のカロリミットの方がダイエットの効果はありそうですが、値段が高く倍近くするので毎日飲み続けるのはなかなか大変だと感じました。

もう少し値段が安ければ気軽に購入して試したいのですが主婦にとっては値段のハードルが高いです。

欲しいけどいらない

最近強化ガラスのコストが下がったのか何なのか、PCケースで強化ガラスを使ったものが大分安くなっています。以前は数万円がザラだったのが1万円を切ったものも多く見られるようになってきましたしね。

で、新しいものを見ると欲しくなる悪癖がムクムクと頭をもたげて来ているのがハッキリと自覚されるんですが……ぶっちゃけ機能面でも冷却面でも、今使ってるので十分なんですよね。

決して安くはなかったゲーミングタイプのケースで拡張性もエアフローもかなり良いものですし。

強化ガラスのやつが欲しいのは、100%デザインの話なんですね。まあデザインのいいものを持って使うというのは日々のテンションの上で決して無視できるものではありませんが流石に今回は我慢しようとおもいます。

突然の雨に焦りつつも地域が違って安心した話

外出する日もしない日も関係なく毎日天気予報を必ず見ており先日も確認していました。その日はおおよそ晴れで、もしかするとにわか雨があるかもという話でした。天井があるので吹き込まなければ多少雨が降っても問題ないし洗濯物は出しておいても良いかなと思ったのです。

そのように油断していると夕方頃に突然大雨がふり焦ってしまいました。自身は建物内にいたため被害はなかったのですが、この雨ならば洗濯物は濡れてしまうかもしれません。

やってしまったなと憂鬱な気持ちを抱えながら帰宅しました。しかし自宅に向かうにつれて道路が乾いているのが目立ってきました。乾いている、というよりも濡れた形跡がありません。どうやら先の大雨は局地的なものだったようで自宅のある地域では一切降らなかったようなのです。

洗濯物も問題なく乾いていたので良かったですが、これからの時期は気をつけておこうと心に誓ったのでした。